★CHECK!グルメ関連人気HP★⇒ホームページランキング
  簡単お菓子レシピ cake recipe

◆ マロンタルトの作り方 ◆
How to make the marron tarte
 栗の渋皮煮入りマロンタルト
2006.11.10撮影

■■ 材料(72Фmmフィナンシェ型約11個分) ■■
●タルト生地
(タルト生地だけ72Фmmフィナンシェ型約15枚分。残りは約2週間ほど冷凍保存が可能)
  • バター 130g
  • 粉砂糖 95g
  • 塩 少々
  • 卵 M1個
  • 薄力粉 260g
●アーモンドクリーム
  • バター 55g
  • 粉砂糖 45g
  • 卵 M1個
  • アーモンドパウダー 60g
  • 栗の渋皮煮 大4個
  • ラム酒 大さじ1
ホイップクリーム
  • 生クリーム(乳脂肪分36と47%を半々使用) 100g
  • 砂糖 10g
  • バニラエッセンス 少々
●マロンクリーム
  • 生クリーム(乳脂肪分47%) 125g
  • マロンクリーム(ボンヌママン社のを使用) 125g
  • ラム酒 小さじ11/4
  • 栗の渋皮煮 5、6粒
無塩バターや薄力粉、粉砂糖やマロンクリームなどの材料は、コッタさんでで購入しています。
マロンクリームは、大型スーパーさんならジャムの陳列棚付近においているお店もあります。

■■ 作り方 ■■
作業の流れ
【前日につくっておくと楽ちん】@タルト生地を作る⇒Aアーモンドクリームを作る⇒
【当日】Bタルトを焼く⇒Cホイップクリーム、マロン生クリームを作り、絞り出す
@タルト生地を作る(シュクレ生地
 下準備・作り方はこちらを参照
Aアーモンドクリームを作る
 下準備・作り方はこちらを参照
Bタルトを焼く
 下準備
  • オーブンを180℃(熱風下段:うちのオーブン設定です)に温めておく
  1. Aのアーモンドクリームを冷蔵庫から取出し、泡立て器で軽く混ぜたら、タルト台に等分に流し込み平らにならす
  2. 1の上に粗く刻んだ栗の渋皮煮をのせたら、180℃のオーブンで約30分焼く
  3. タルト生地が焼きあがったら網(ケーキクーラー)の上にのせ、アーモンドクリーム部分にラム酒を刷毛で塗りつけ(タルト台には塗らないようにする)粗熱がとれたら、型から取り出し完全に冷ます
    マロンタルトの焼き上がり                                        
Cホイップクリーム、マロンホイップクリームを作り、絞り出す
 下準備
  • マロンクリームは、ゴムベラで練ってなめらかにしておく
  1. 【ホイップクリームを作る】ボールにホイップクリーム用、マロンクリーム用の生クリーム225gを入れたら、6、7分立てに泡立てる(ホイップクリームは使うまでラップをして冷蔵庫へ)
  2. 【マロンホイップクリームを作る】別のボールにマロンクリーム用のホイップクリーム125gをわけ、ラム酒を加えてなじむまで混ぜ合わせたら、少量すくいとり、マロンクリームに混ぜ合わせる                                 8分立ての生クリームを少量マロンクリームに混ぜ合わせる
  3. 2がなじんだらマロンクリームをすべて加え、9分立てに泡立てる(使うまで冷蔵庫へ)                      生クリームにマロンクリームを加え、なじむまで混ぜる マロンクリームの出来上がり
  4. ホイップクリームに砂糖、バニラエッセンスを加え、9分立てにしたら、1cm位の丸口金付き絞り出し袋に入れ、タルトの中央に絞り出す(好みでタルト台のふちにデコレーション用粉砂糖をふっておいてもいい)
  5. マロンホイップクリームをモンブラン用の口金付き絞り出し袋に入れたら、生クリームを包むように絞り出し、半分に切った栗の渋皮煮をのせてできあがり(栗の上には金箔をのせてます)

■■ 使用した調理器具 ■■
  • オーブンレンジ
  • 72Фmmフィナンシェ型11個)
  • ボール 2個
  • 泡だて器やハンドミキサー
  • カードやゴムベラ
  • 麺棒
  • モンブラン用の口金や丸型口金
  • 絞り出し袋
フィナンシェ型
 フィナンシェ型
簡単な調理器具の説明はこちらを参照。
------------------------------------------------
栗の渋皮煮を使った甘〜いマロンタルト。
もちろんクリームを絞らずに食べても美味しい。
その場合アーモンドクリームは、粉砂糖を+10g位足すといいです。



簡単お菓子レシピ集へ

トップページへもどる


SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO