簡単お菓子レシピ cake recipe

◆ いちごの(フルーツ)タルトの作り方 ◆
苺タルトの作り方 苺タルトミニサイズ
2006.1.17撮影 18cmタルト型 2008.1.22撮影 72Фmmフィナンシェ型
関連記事 ブログに詳細・関連記事あり
■■ 材料(18cmタルト型1台分) ■■
●タルト生地
●アーモンドクリーム
  • バター 130g
  • 粉砂糖 95g
  • 塩 少々(2本指でひとつまみ半)
  • 卵 M1個
  • (あればバニラオイル 少々)
  • 薄力粉 260g
この材料のみ18cmタルト型2台分で半量のみの使用。残りは冷凍保存
  • バター 55g
  • 粉砂糖(砂糖) 50g
  • 卵 M1個
  • (あればバニラオイル 少々)
  • アーモンドパウダー 60g
+お好みでミルやすり鉢ですって細かくしたアールグレイの葉小さじ1.5(3g)を入れると美味しい。その場合は工程2の後一面に加え、なじむまで混ぜ合わせる
シロップ
  • 水 大さじ1
  • 砂糖 大さじ1
  • キルシュ酒 大さじ1
●カスタードクリーム ●フルーツと飾り
  • 牛乳 250cc
  • バニラのさや 1/2本
    (
    又はバニラビーンズペースト小さじ1/2)
  • 卵黄 3個
  • 砂糖 62g(バニラビーンズペーストの場合-3g)
  • 薄力粉 25g
  • 薄くカットした無塩バター 1g前後
  • いちご 1パック弱
  • ブルーベリー 
  • ラズベリー 
  • ミントの葉 
  • デコレーション用粉砂糖  
  • グラサージュ(又は杏や苺ジャム)
無塩バターや、アーモンドパウダーなどのお菓子の材料は、コッタさんで購入しています。

■■ 作り方 ■■
作業の流れ
【前日につくっておくと楽ちん】@タルト生地を作る⇒Aアーモンドクリームを作る⇒
【当日】Bタルトを焼く・シロップを作る⇒Cカスタードクリームを作る⇒
Dカスタードクリーム、フルーツをのせる
@.タルト生地を作る(シュクレ生地)
 下準備
  • バター、卵は室温に戻しておく(バターは電子レンジ200Wに約2分かけてやわらかくするのでもよい。指で押したときに、プニっと押せて形が残る程度)
  • 薄力粉はふるっておく
  • 必要ならタルト型にバターを塗り、冷蔵庫で冷やしておく(フッ素やシリコン加工が施されている場合等は、塗らなくても大丈夫だと思われます。私はいつも塗ってませんがはじめて使う場合や心配な方は塗っておくと安心)
  1. ボールに柔らかくしたバターを入れ、泡だて器でクリーム状に混ぜたら、粉砂糖(ざっとふるいながら2、3回に分けて加える)、塩を加え、白っぽくなるまですり混ぜる(粉砂糖の飛び散り注意)
    クリーム状に混ぜたバターに、粉砂糖を加え混ぜる
  2. 1に溶いた卵を少量ずつ加え、その都度なじむまで混ぜ、なめらかにする。バニラオイルも加え混ぜる
    溶き卵を少量ずつ加え、なじむまで混ぜる
  3. 2にふるっておいた薄力粉を加え、粉っぽさが少し残る状態になるまでカードで底からすくってはかぶせて切るよう練らないように混ぜあわせる。数回カードの平面で生地を押し、なめらからにする(生地がなめらかになったら混ぜる手は止め、混ぜすぎないようにする)
    薄力粉を加え、カードで切るように混ぜる タルト生地混ぜ終わり
  4. 生地をひとつにまとめ、ラップやビニールをかけたら、軽くのばして冷蔵庫で2時間から一晩休ませる
    生地をまとめて冷蔵庫で休ませる
  5. 作業台にラップをしき、半分にカットした生地をのせたら、さらにラップをかぶせて麺棒で厚さ3mm弱になるまで丸くのばしていく。またはべたつき予防に強力粉を少々ふるいのばしていく。生地は最初麺棒で叩きながら少しずつ広げていく。一旦冷蔵庫で20分以上冷やす
    タルトの敷き方 
  6. 生地からラップをはずし、ナイフで型より一回り大きくカットする。生地を型にのせ、底中央から角、側面と徐々に生地を優しくのせていく。小さいタルト型の場合は、上面のラップを外し、生地を下のラップをごと、並べた型の上にひっくり返してのせ、ラップをはずす
    タルト型の敷きこみ/厚さ3mmにのばして型より一回り大きく切った状態
  7. 型からはみ出した生地を型の外側にたらしたら、型の上を麺棒で転がし、はみ出た生地をカットする。小さいタルト型も並べた型の上を麺棒で転がし、生地をカットする
    タルト型の敷きこみ/麺棒ではみ出した生地を断ち切る 小さい型の敷き込み/型の上を麺棒で転がす
  8. 再度型の角、側面をぴっちり貼り付けたら、好みで型の凹凸にあわせて指で波模様をつけ、フチを整える。密封して冷蔵庫で20分以上冷やし、フォークで生地全体に空気穴をあける。小さいタルト型の場合も、型の底面、側面を指先でぴっちりはり、整える
    タルト型の敷き方/出来上がり タルト型の敷き方/出来上がり
★ポイント★
  • ラップはやわらかいタイプのものがおすすめです。ふんわりかけて何度か(同じもの)かけなおすとやりやすいです
  • 生地を扱っている時、生地がべたついてきたら冷蔵庫で冷やすようにする(休ませることで焼き縮みの予防に)
  • 余った生地は、4工程の際に分けて冷凍保存するか、型に敷いてから冷凍保存にする(解凍はゆっくり冷蔵庫で)
  • 7工程等で、はみ出た生地も、また3mmにのばして、オーブンで焼き上げれば優しい甘さのクッキーに
Aアーモンドクリームを作る
 下準備
  • バター、卵は室温に戻しておく(バターは電子レンジ200Wに約1分ほどかけてやわらかくするのでもいい)
  1. ボールにやわらかくしたバターを入れ、泡だて器でクリーム状に混ぜたら、粉砂糖をふるいながら2、3回に分けて加えていき、白っぽくなるまですり混ぜる
    クリーム状に混ぜたバターに、粉砂糖を加え混ぜる
     
  2. 1に溶いた卵を少量ずつ加えていき、その都度なじむまで混ぜ、なめらかにする。バニラオイルも加え混ぜる
    溶き卵を少量ずつ加え、なじむまで混ぜる
  3. 2にアーモンドパウダーを粗めのふるいにかけながら加え、なじむまで混ぜたら(洋酒を入れる場合は加え、なじむまで混ぜる)、(あれば絞り袋に入れ密封、または)ラップをかけて使うまで冷蔵庫にいれておく
    アーモンドパウダーを加え、なじむまで混ぜる アーモンドクリームの出来上がり/冷蔵庫で休ませた後軽く混ぜた状態
Bタルトを焼く・シロップを作る
 下準備
  • オーブンを180℃(熱風中段:うちのオーブン設定です)に温めておく
  1. アーモンドクリームを冷蔵庫から取出し、泡立て器で軽くまぜたら(絞り袋の場合は軽くもみほぐし先端をカット)、タルト台に平らに流し込み、180℃のオーブンで40分(小さいタルト型の場合は、約30分)焼きあげる
    1.タルト台にアーモンドクリームを流し込み、カードで表面を平らにならした状態 タルトの作り方/.タルト台にアーモンドクリームを流し込み、平らにならす
  2. 【焼いてる間にシロップを作る】鍋にグラニュー糖、水を入れ、火にかけたら軽く混ぜ、沸騰したら火を止める。冷めたらキルシュ酒を加え混ぜる
  3. タルト生地が焼きあがったら網(ケーキクーラー)の上にのせ、シロップをアーモンドクリームに刷毛で塗りつける(シロップは、タルト台には塗らない。18cmタルト型の場合5/6量程を使用)。粗熱がとれたら(型がまだ温かいうち)、型から取り出し、そのまま完全に冷ましておく。底が取れづらければパレットナイフを優しくさし込んでいき1周させて外す。熱いうちは崩れやすいので注意。
    5.タルト生地の焼き上がり タルトの作り方/焼き上がったらシロップをぬりつけ冷ましておく
Cカスタードクリームを作る
 下準備
  • 材料すべてを用意しておく(卵黄は膜がはらないよう混ぜておく。氷水やラップも用意)
  • 小麦粉をふるっておく
  1. 鍋に牛乳と縦半分にカットし、ナイフの背でしごいた種、バニラのさや、またはペーストを入れ、軽く混ぜながら沸騰する直前まで温め、火を止める
    カスタードの作り方/鍋に牛乳とバニラのさやを入れる
  2. ボールに卵黄を入れ、ときほぐしたら、砂糖を加え、ハンドミキサーで白っぽくなるまで、よく混ぜ合わせる
    卵黄と砂糖を混ぜ、もったりするまでよく混ぜる
  3. 2に小麦粉を加え、混ぜあわせる(飛び散り注意)
    薄力粉を一面に加え、なじむまで混ぜ合わせる
  4. 3に1の牛乳の約半量を加え混ぜあわせたら、残りの牛乳を加えてよく混ぜ、裏ごしをする(バニラのさやは取り出す)
    牛乳をいれ、なじむまで混ぜ合わせる
  5. 4を鍋に移し、中火にかけたら、木べらや耐熱ゴムベラなどで鍋底をむらなくかき混ぜ、とろみが付くまで煮る(焦げないようにとろみがつきだしたら特に手早く作業する)
    カスタードクリームの作り方/4を鍋にうつし、木べらで混ぜながら中火にかける
  6. 5がぷくぷくと沸騰しだしたら一度火からおろして泡立て器で手早く混ぜる
    カスタードクリームの作り方/クリーム状になったら一度火からおろして泡だて器で混ぜる
  7. クリームがやわらかくなり、すんなり混ざるようになったら再び強火にかけ、泡立て器で手早く混ぜていく
  8. 7がぷくぷくと沸騰し、クリームにつやがでたら火を止め、手早くボールにうつす
  9. 8の表面に薄くバターを塗り、ラップを密着させてかけ、氷水につけて冷やしておく
    カスタードクリームの作り方
  10. 9が完全に冷めたら冷蔵後へ入れておき、使う時には、一度裏ごしをして、泡立て器でなめらかになるまで混ぜ合わせ、絞り出し袋に入れて使う
Dカスタードクリーム、フルーツをのせる
  1. フルーツはきれいに洗って水気を拭き取り、お好みでカットし、切り口は一旦キッチンペーパーなどにふせておく
  2. 好みでタルト台のふちに粉砂糖をふりかけたら、カスタードクリームをフチをあけて絞り出しフルーツを並べる
    カスタードクリームを絞り出した状態
  3. あれば艶だしにグラサージュを刷毛でフルーツの表面に塗り、ミントの葉などを散らして出来上がり(苺や杏ジャムに水を少量加えて火にかけ、煮詰めたのを塗ってもいい。あつあつのうちにフルーツに塗ると艶よくなります)

■■ 使用した調理器具・材料など ■■
  • オーブンレンジ
  • 18cmタルト型
  • ボール 2個
  • へら、泡だて器やハンドミキサー
  • ラップやビニール袋
  • カード、ナイフ・フォーク
  • 麺棒
  • 裏ごし器
  • 絞り出し袋
タルト型
18cmタルト型
材 料
  • 22108 カルピスバター 食塩不使用 450g
  • 27164 粉糖 250g
  • 27143 薄力粉 ドルチェ 1kg
  • 27100 生アーモンドパウダー 200g
  • 30021 ドーバーキルシュワッサー 40% 200ml
  • 20496 バニラビーンズ (TO)100g入
  • 27014 細目グラニュー糖 1kg
  • 27174 トッピング用粉砂糖 250g
苺のタルト レシピ
  グリーン文字の物は、コッタさんで購入。他簡単な調理器具の説明はこちらを参照

------------------------------------------------
たっぷりのカスタードと酸味のあるフルーツを一緒に^^
季節のフルーツを使って色々な盛り付けで^^

その他のタルト写真
フルーツタルト レシピ 2017年6月
メロン、キウイ、ブルーベリー、さくらんぼ、オレンジをのフルーツタルト。関連記事
桃とさくらんぼのムースタルト レシピ 2017年6月
桃とさくらんぼのカスタードムースタルト
マフィン型で
 材料と簡単な作り方メモ
マフィン型で ミニフルーツタルト 2017年6月
ミニフルーツタルト マフィン型で
材料と簡単な作り方メモ

ミニブルーベリータルト レシピ 2014年7
マフィン型で作った小さいタルト。
特売していたブルーベリー^^と
同じ生地で焼いた牛クッキーを添えました。関連記事
フルーツタルト レシピ 2012年9
マスカットとキウイ、グレープフルーツとオレンジのフルーツタルト。関連記事
ミニフルーツタルト  2012年6
本作成中作ったもの。関連記事
グレープフルーツとオレンジのごろごろゼリータルト 2009年6月6日
グレープフルーツとオレンジのごろごろゼリータルト
材料と簡単な作り方メモ
グレープフルーツとオレンジの簡単タルト 2009年6月3日
グレープフルーツとオレンジの簡単タルト
下のバナナタルトを作った翌々日、タルトの土台半分にグレープフルーツとオレンジをのせたもの。フルーツにはたっぷりマーマレードジャムを塗って。
関連記事
簡単バナナタルト 2009年6月1日
簡単バナナタルト
材料と簡単な作り方メモ
簡単ブルーベリータルト 2008年12月15日
65×55mmハートセルクル使用
セルクルで抜いたタルト生地に、紅茶葉入りアーモンドクリーム、カスタード、ブルーベリーをのせたもの。材料・作り方メモ
宝石箱にみたてたオリジナルダブルベリータルト 2008年9月25日
65mm丸セルクル使用
タルト生地で箱を作り、紅茶葉入りアーモンドクリーム、カスタード、ラズベリー、ブルーべりー、アラザンを詰めたもの。材料・作り方メモ
フルーツタルトミニサイズ 2006年1月18日
72Фmmフィナンシェ型4個
タルトの2番生地をフィナンシェ型に敷いて、フルーツタルトにしたもの。
アーモンドクリーム・カスタードクリームは、基本の材料の3割分を使用。
盛り付けは、ホイップクリーム、オレンジ、キウイ、苺、ブルーベリー。



簡単お菓子レシピ集へ

トップページへもどる


SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO