★CHECK!グルメ関連人気HP★⇒ホームページランキング
  簡単お菓子レシピ cake recipe

◆ スコーンの作り方 ◆
プレーンスコーン
2005.9.20W/2006.4.5撮影 プレーン

■■ 材料(直径4.5cmの菊型約14個分) ■■
◆ 通常 ◆ ◆ 全粒粉を加えた時 ◆
  • 卵 1個
  • 牛乳 90g
  • 薄力粉 260g
  • ベーキングパウダー 8g(小さじ2)
  • きび砂糖(なければ砂糖で) 10g
  • 塩 小さじ1/5
  • バター 50g
  • 打ち粉(強力粉) 適量
  • 卵 1個
  • 牛乳 85g
  • 薄力粉 225g
  • 粒子が細かい全粒粉 25g
  • ベーキングパウダー 8g
  • きび砂糖(なければ砂糖で) 10g
  • 塩 小さじ1/5
  • バター 50g
  • 打ち粉(強力粉) 適量
上記材料にプラスして紅茶とレーズン入りスコーンに
●紅茶のスコーンのみを作る場合
お茶ミルやすり鉢ですって細かくしたアールグレイの茶葉 5gを工程3の際ふりいれるだけ(ティパックを使っても)
レーズン入りスコーンのみを作る場合
レーズン25gを熱湯で洗い、ひたひたのラム酒に一晩以上漬けて、水気を切ったものを工程4の際散らし入れて混ぜるだけ
無塩バターや薄力粉等お菓子の材料は、コッタさんで購入しています。全粒粉(別名:グラハム粉又はホールホイート)もありますよん。

■■ 作り方 ■■
下準備
  • オーブン用鉄板にオーブンシートをしいておく
  • バターを1cm角に刻み、使うまで冷蔵庫で冷やしておく
  • 薄力粉とベーキングパウダー(全粒粉)をあわせてふるっておく
  • オーブンを200℃(対流下段:うちのオーブン設定の話です)に温めておく
  1. 計量カップ等に卵と牛乳を入れ、なじむまで混ぜあわせたら、ラップをかけて使うまで冷蔵庫で冷やしておく
  2. ボールに薄力粉類、塩、砂糖を入れ、手で混ぜあわる
    ボールに薄力粉、塩、砂糖を加え混ぜ合わせる
  3. 2に冷やしておいたバターを加え、粉の中で指でバターをつぶしながら、両手をこするようにして粉とバターをよくすり混ぜる(全体が粉チーズ状になるまで混ぜ合わせる。紅茶の茶葉を入れる場合はこのあと散らし入れて混ぜ合わせる)
    細かくしたバターを加え、粉とバターをすりまぜる 粉チーズ状になった状態
  4. 中央付近の粉を側面によけたら、卵牛乳を流し入れ、粉を卵牛乳にかけながら、カード等で切るように少し粉っぽさが残る状態になるまで混ぜていく(レーズンを加える場合は、ある程度粉っぽさがなくなってから散らし入れて混ぜあわせる)
    卵入り牛乳を加え、カードで切るように混ぜあわせる
  5. 大きめのラップを敷いた台の上に、軽くまとめた生地をおきラップではさんだら、軽く伸ばしては折るを2回程、長方形に伸ばして三つ折にし、ぴっちりラップをかけて冷蔵庫で30分程休ませておく
    長方形に伸ばした状態 
    三つ折にして冷蔵庫で休ませる
  6. 強力粉を軽くふった作業台の上に、ラップをはずした5の生地をのせ、麺棒で厚さ1.5〜2cmに伸ばし、抜き型で抜き、天板にのせていく(残り生地は、寄せ集めてまた抜いてもいいし、包丁でカットしてもいい。その際もなるべくバターを溶かさないよう早めに作業し、生地は出来るだけ練らないようにする)
    生地を1.5〜2cmの厚さにのばし、型で抜く
     包丁でカットするだけでもいい
  7. オーブン200℃で15〜20分(サイズにより異なる)表面がきつね色になるまで焼いて出来上がり。あつあつをどうぞ。
    生地を天板にのせて、オーブンで焼き上げる
     スコーンの焼き上がり

■■ 使用した調理器具・材料など ■■
  • オーブン
  • ボール
  • カード、麺棒、ラップ
  • 茶こし
  • 抜き型(コップなどでも)
抜き型あれこれ
左上の菊型を使用
材 料
  • 27143 cotta 薄力粉 ドルチェ 1kg
  • 27156 北海道産全粒粉 250g
  • 24316 ラムフォード ベーキングパウダー(アルミフリー) 114g
  • 21830 カップ印 きび砂糖 750g
  • 22108 カルピスバター 食塩不使用 450g
  • 24316 ラムフォード ベーキングパウダー(アルミフリー) 114g
  • 21830 カップ印 きび砂糖 750g
  • 22108 カルピスバター 食塩不使用 450g
  グリーン文字の物は、コッタさんで購入。他簡単な調理器具の説明はこちらを参照

------------------------------------------------
スコーンというか、甘さを抑えているので
ケン○のビスケット風です。
砂糖は+30gまで増やしても。
あれば牛乳の半分量を生クリームに
置き換えると美味しい。
抜き型で抜くのが面倒なら、
包丁でカットするだけでもいい。
冷めてしまったら、再度トースターや、
オーブンで軽く焼くとまたサクサクに。
ジャム、はちみつ、バターやクロテッドクリーム等
好みの物をつけて。
プレーンスコーン
ワイヤークラフトで手作りした
プレートラックです
   
 過去写真
プレーンスコーン レーズン入りスコーン 紅茶葉入りとプレーンスコーン
左と中央:2006年4月5日プレーンとレーズン入りスコーン
BPを若干減らして、他の配合も少々変更。(プレーン生地の厚さ2cm弱、直径4.5cm菊型使用)。レーズン入りは、ラム酒漬けレーズンを混ぜ込み、適当にナイフでカットしました。ラム酒の香りがもっちりいい香り。
右:2005年10月30日プレーンと紅茶葉入りスコーン
プレーンと紅茶葉入りを半々で作成。紅茶のスコーンは、工程5の際に混ぜたので混ざりがまだら。生地の厚さ:1cm強
全粒粉入りスコーン プレーンスコーン
左:2005年9月30日全粒粉入りスコーン
全粒粉を混ぜたのでちょっと素朴?。生地の厚さ:1.5cm位
中央:2005年9月20日プレーンのスコーン
生地の厚さ2.5〜3cm、直径4cmの抜き型使用。



簡単お菓子レシピ集へ

トップページへもどる


SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO